岡山の専門病院を受診して精度が高く苦しくない内視鏡検査を受けよう

笑顔の女性医師

岡山で内視鏡検査を受けて早期発見に努める

内視鏡検査

直接胃の粘膜の観察が出来ることから、内視鏡検査はバリウム検査よりも有用であると推奨されています。岡山で胃カメラを受ける場合でも、施設によっては経口と経鼻との2択でどちらで受けるか選ぶことが出来ます。従来行われてきた経口の胃カメラは、カメラ自体が経鼻のものと比べると太いため、飲み込む際にのどの違和感を覚えやすく、反射が強い人にとっては苦しい検査となってしまいがちです。それに対し、経鼻の胃カメラの場合は、カメラ自体の太さが女性の小指の先ほどしかないので、のどを通る時の違和感が少ないと言われています。その分、事前に鼻やのどに麻酔を施す必要がありますし、鼻の中が狭い人は鼻血の原因となる場合もあります。岡山では経鼻用のカメラを使って経口で行う事も可能なので、どちらの方が優れているかというよりは、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。
ピロリ菌の保菌者または、除菌後の元保有者は胃がんのリスクがほかの人よりも高いと言われているので、年に1度内視鏡を受けることが推奨されています。岡山では人間ドッグや会社の健康診断などで内視鏡を取り入れる施設もあるので、なにか病気があったとしても早期発見できるように、積極的に利用する事が望ましいでしょう。

HEADLINE

岡山で内視鏡検査を受けるメリットを紹介

腹痛

地域の中核都市である岡山は、内視鏡検査を行う医療機関が充実しているといわれ、岡山県外からも内視…

»more

岡山で内視鏡検査を受けて早期発見に努める

内視鏡検査

直接胃の粘膜の観察が出来ることから、内視鏡検査はバリウム検査よりも有用であると推奨されています…

»more

岡山で内視鏡検査を受ける時のポイント

ガッツポーズ

岡山で胃カメラ、いわゆる内視鏡検査を受ける方がまず考えられるのは、苦しくない検査を受けたいとい…

»more

岡山で受けられる内視鏡検査で健康維持を

聴診器

内視鏡検査と言えば、口から入れるタイプが主流でした。岡山でもまだ残っている施設は多いですが、こ…

»more

POST LIST

TOP