岡山の専門病院を受診して精度が高く苦しくない内視鏡検査を受けよう

笑顔の女性医師

岡山で受けられる内視鏡検査で健康維持を

聴診器

内視鏡検査と言えば、口から入れるタイプが主流でした。岡山でもまだ残っている施設は多いですが、これには苦痛を伴います。喉に麻酔をしてから内視鏡を入れますが、どうしても喉を通過する時に粘膜に触れてしまいます。原因は内視鏡の太さです。それによって、嗚咽や気分が悪くなってしまい、検査を受けることが出来なかった方も多いと思います。
近年、岡山でも増えてきているのが、鼻から入れる内視鏡です。これは、鼻の粘膜に麻酔をして入れるタイプになります。鼻を通過させる時に少し違和感は覚えます。しかし、苦痛の原因になる嗚咽や、気分の悪さを訴える方は劇的に少なくなりました。また同時に、岡山では、内視鏡検査にどうしても不安がある方には、眠くするお薬や鎮静剤を点滴しながら、検査を終わらせることが出来る所も増えてきました。検査中は眠っているので、苦痛は感じません。
バリウム検査も勿論ありますが、バリウム独特の味が受け付けない、検査中に検査台がいろいろな方向に動き、ゲップも許されないので苦痛に感じる原因です。そして、精度も高いとは言えません。直接状態を見る内視鏡検査に勝るものはありません。
苦痛もほとんどなく出来る内視鏡検査を定期的に受け、健康管理をしていくことが重要です。

HEADLINE

岡山で内視鏡検査を受けるメリットを紹介

腹痛

地域の中核都市である岡山は、内視鏡検査を行う医療機関が充実しているといわれ、岡山県外からも内視…

»more

岡山で内視鏡検査を受けて早期発見に努める

内視鏡検査

直接胃の粘膜の観察が出来ることから、内視鏡検査はバリウム検査よりも有用であると推奨されています…

»more

岡山で内視鏡検査を受ける時のポイント

ガッツポーズ

岡山で胃カメラ、いわゆる内視鏡検査を受ける方がまず考えられるのは、苦しくない検査を受けたいとい…

»more

岡山で受けられる内視鏡検査で健康維持を

聴診器

内視鏡検査と言えば、口から入れるタイプが主流でした。岡山でもまだ残っている施設は多いですが、こ…

»more

POST LIST

TOP